ここ最近、床の間の表替えがよくあります。
中でも格式の高い龍鬢表(りゅうびんおもて)を使用した現場がありました。
これは厳選した長い草を2~3週間湿らし天日にさらすを繰り返して
黄金色に仕上げます。こちらを赤龍鬢といい、青いイ草の状態のものを
青龍鬢といいます。今回は青龍鬢を使用しました。
ご用命ありがとうございます。

施工例 長さは1畳より長くおよそ7尺(約2m10cm)ありました

別のお客様では通常の畳表を使用した床の間も納めました

通常の畳表(左)と龍鬢表(右)  畳目の間隔が2倍違うのが分かります