畳と言えば縁の付いた畳が一般的ですが、最近縁なし畳の製作が続いています。その中でも下の写真は和紙、樹脂といった化学表を使用しました。従来のイ草から作られた畳表には色々な効能(リラックス効果、吸放湿性、etc)がありますが、丈夫さ、お手入れのしやすさ、インテリア感覚といった理由で選ばれているみたいですね。
20170128_122731

琉球風縁なし畳(セキスイ表、目積ピンク、目積モカブラウンを使用)

20170203_090719

縁なし畳 1畳タイプ(ダイケン表、カクテルフィットNo.09を使用)

この記事を読んだ方はこちらもご覧頂いています。