当店では、お客様のところへ畳を納める前に
ブラシ掛け→掃除機掛け→乾拭きといった作業を行います。
これは畳表の表面に染土と呼ばれる白い粉が付いており、
出来る限りそれを落とすためです。
本来、染土は畳表の品質維持(色がさめない)ために産地で
付けられ、天然のもので安全です。
またイ草本来の香りと染土がブレンドすることにより、
畳表の香りを引き出しています。
写真は先日納めた畳です。

ブラシ掛け

掃除機掛け

乾拭き